ビジネス

愛犬をシェルターから引き取る前に知っておくべきこと

シェルターは日本ではまだまだ普及している概念ではないかもしれません。これは、犬や猫などの保護施設のことです。愛護団体が保護している状態と同義だとお考えください。シェルターという名前自体は海外から来ていますが、基本的に仕組みは同じです。貰い手のいない犬や猫を引き取ることで、里親探しをしながら、その間面倒を見るというのが、その役割です。本来なら、ペットショップで買うことなどゼロにして、このような「捨てられて、行き場のない」犬や猫引き取ればいいのですが、まだまだこのような現状を知らない人が多すぎます。ペットショップなんかよりも、シェルターからという選択肢を真っ先に考えたあなたは立派です。立派なあなたに、後から困らないためのポイントをご紹介します。 ワンちゃんを家に迎えることになると、当然、あらゆる病気についての対策を講じる必要があります。そのためには知識を充足することが欠かせません。代表的な病気としてフィラリア症が挙げられます。これの対策は獣医さんでの予防接種がありますが、家庭で簡単にあげられるタイプの経口薬もあります。経口薬を処方してもらうと高くなりがちです。安く抑えたい人には、海外からストロングハートチュアブルを輸入するという手もあります。ストロングハートチュアブルというのは、ジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品は、一般的に、大元のお薬と同じ有効成分を含みながらも、お手軽な値段になります。特にストロングハートチュアブルに限ったことではないのですが、このように、海外から個人的に輸入するという選択肢は知っておいて損はないでしょう。愛犬に素敵な日々を過ごしてもらうために、飼い主さんは十分な知識を確保しましょう。…
ビジネス

ストロングハートチュアブルの人気が高まっていることについて

最近、私の周りでストロングハートチュアブルの人気が高まりを見せています。まずは…そもそもの話からです。このストロングハートチュアブルとは、なんだと思いますか?チュアブルというフレーズから想像するのは、何か口にするものでしょうか?そうです、そこまでは正解です。ヒントは、愛犬家であれば知っておきたいということでしょうか。ここで正解発表。ストロングハートチュアブルとは、フィラリア症予防薬です。 では、なぜ、このフィラリアに対抗するお薬が人気かというお話を。もともと、日本市場にはいくつものフィラリア対策の選択肢が出回っています。経口薬もありますし、首に塗布するリキッドタイプもありますし、病院で予防接種を打ってもらうこともできます。そんな中で、このストロングハートチュアブルは、面白い特徴を持っています。それは、普通、日本市場では手に入らないということ。かかりつけの獣医さんのもとに出向き、そこで「あのお薬が話題らしいので処方してください」と言っても意味がありません。なぜなら、この特定のお薬は、処方してはならないことになっているから。そう聞くと「なに?危険なの?」と不安になりそうですが、違います。この例のように、ジェネリック医薬品であると、国内の認可の関係から、日本では流通しないことがあるのです。一般的にジェネリックは「より安い代替案」となります。ですから、誰もがこれを選択する権利を持つべきなのですが、そうはいかないことも。では、この場合には、どうすればいいのでしょうか?残された方法が個人輸入です。個人的に海外から輸入することは可能です。…
ビジネス

愛犬家が知っておきたい「もう少し詳しい」フィラリアの話

愛犬家たるもの、ワンちゃんのための知識は十分に持っていなければなりません。健康を守るのはしっかりとした知識と日々の心がけです。だからこそ、基本的な問題と捉えられがちなフィラリアについての知識も充足しておいて損はないでしょう。フィラリア症はワンちゃんを家に抱える人であれば、必ず知っているはずの病気です。これの対策を怠っていては、飼い主として失格。でも、フィラリアの本当の正体を知っていますか?…
ビジネス

フィラリア症対策の種類と知っておくべきポイント

フィラリア症の対策はちゃんと徹底していますか?愛犬のいるお宅では、これは必須中の必須項目です。必ず、フィラリア症にかからないように(—つまり、フィラリアの寄生虫がワンちゃんの体内で成長してしまわないように)飼い主が責任を取る必要があります。フィラリア症対策の一番有名な方法が経口薬でしょうか。昔では錠剤だけでしたが、最近ではチュアブルタイプ(例えば、ストロングハートチュアブルなど)のものもあります。ストロングハートチュアブルは、ワンちゃんが抵抗なく食べてくれるので、飼い主さんとしても非常に助かります。ワンちゃんによっては、ごはんに入れても錠剤だけを避けて残してしまうこともあるので、このような工夫は非常に嬉しいものです。 ストロングハートチュアブルはジェネリック医薬品です。大元になるお薬に比べて、開発費がかかっていない分、安く抑えられています。ですので、お財布にもワンちゃんにも優しいことになります。なんとなく今まで使っていたお薬に徹しているという人は、もっといい選択肢がないかどうかチェックしてみる姿勢も大事かもれません。そして、もう一つ大事なことが。それは、必ず、新しいお薬に切り替える、または、新しくお薬を使い始める前には、医師に相談すること。必ず、医師に検査を受けるようにしてください。例えば、フィラリア症対策のお薬には、普通、イベルメクチンという成分が含まれています。これは、体内でのフィラリア成長を止めるものですが、場合によってはショックや高熱を引き起こすこともあります。ですので、まずは、このお薬を使っても大丈夫であるという確証を、獣医さんの検査から得るようにしてください。…
ビジネス

あなたはどうしていますか?賢いフィラリア症対策の仕方とは?

フィラリア症は言うまでもなく、すべてのワンちゃんの飼い主さんが気をつけるべき病気です。大事な愛犬のために、日頃から対策を怠ってはなりません。では、あなたは実際どのようにして対策を講じているでしょうか?いろいろな方法がありますが…経口薬でしょうか?首に垂らす液状タイプでしょうか?それとも病院での予防接種でしょうか?どれを選ぶにしても、確実な知識を持った上で実際の対策を利用することが重要です。…
ビジネス

ストロングハートチュアブルという選択肢がおすすめな理由

あなたの家には愛犬がいますか?愛するワンちゃんと生活を共にする人であれば必ず、こんな知識は持っているはずです。フィラリア症には気をつけなけれなならない。その通り、これは、すべてのペットオーナーさんが常に対策を行うべき病気です。フィラリア症は、フィラリアという寄生虫が犬の血管内に住み着くことで(心臓などにも移動します)もたらされる病気で、これを媒介するのは忌まわしき蚊です。ですので、具体的には蚊が発生する時期には対策が必要になります。冬の寒い時期を除いて、ほぼ一年中対策が必要ということです。 ご自宅ではどのようなフィラリア症対策を実施しているでしょうか?日本には様々な選択肢がありますが、一番一般的なのは、首に垂らす液状のものであったり、錠剤として食べさせる(飲ませる)ものではないでしょうか?もし、錠剤をお使いであれば、実感している事かもしれませんが、毎月の出費としてはなかなかのものになります。でも、当然ワンちゃんの健康が第一なので、これを無しにするわけにもいきません。そんな時に考えたいのが、ストロングハートチュアブルなどの代替品です。ストロングハートチュアブルは、言うなればジェネリック医薬品です。大元のお薬には開発費がかかっていますが、後発医薬品ですので、そのような費用はなし。だからこそ、価格がかなり安く抑えられています。しかも、ストロングハートチュアブルは、その名の通り「チュアブル」タイプなので、錠剤よりも「ワンちゃんが嫌がりずらい」のも強みです。当社のウェブサイトについて…
ビジネス

個人的に海外からお薬を輸入?そんなことできるの?

あなたにはこんな経験がありませんか?普段から処方してもらっているお薬が高い。なんとかして、家計のためにも安く抑える方法はないかと試行錯誤している。または、これから処方してもらおうとしているお薬の高さに恐怖を感じている。お薬とは、基本的に高いものです。病気が治るなら、命が救われるなら…そう思えば、価値ある判断ですが、それでも、できる限りお値段は抑えたいもの。こんな考え方ができます。日本以外からお薬を持ってきてしまう。そう聞くと「え?法律的に大丈夫なの?捕まりたくない」という反応をしたくなるでしょうか。ちょっと待ってください。何も危ない方法を勧めようとしているわけではありません。私が提示したいのは、もっとお手軽になるかもしれないという選択肢です。知は力なり、です。この言葉が持つ意味は計り知れません。より多くを知ること。これが将来的にあなたを助けるかもしれません。 今回の例はワンちゃんのお薬を扱ってみましょう。例えば、全ての飼い主さんが気をつけるべきはフィラリア症です。これは、どの犬にでも問題を引き起こす可能性がある恐ろしい病気です。対抗するための薬はいくつもあります。でも、お値段はなかなかの物です。さらに、蚊が発生する時期には、毎月、対策を講じるのが一般的です。すると、出費はどんどん膨らみます。そこで、海外からの輸入です。ストロングハートチュアブルというジェネリック医薬品を海外から輸入すると、それだけでかなりお安く抑えることができます。ストロングハートチュアブルとは、日本国内で正規販売されている他のお薬の後発医薬品です。ストロングハートチュアブルはあくまでも一例ですが、このように国外から個人的な使用のために輸入するという選択肢を頭の片隅に置いておいて、損はないでしょう。…
ビジネス

日本で販売が禁止されているのに…輸入は可能?個人輸入の仕組みを解説

こんな面白い話をご紹介します。日本市場で販売が禁止されているのに、個人的に海外から輸入することは可能…そんな不思議な話でもあります。経緯を順を追ってご説明します。 まずは、海外と日本の法的整備の違いからです。日本と海外の国では、お薬に関する規制やルールが違うものです。日本で流通している場合でも、海外では…ということがありますし、当然、逆もまた然り。日本の規制は厳しいもので、海外からのお薬が禁止される例は珍しくありません。その理由は様々ですが、その中の一つが、特許に関係しています。世の中には後発医薬品というものがあります。これはもともと開発されたお薬について、同じ成分で、クローンかのようにつくられたお薬です。真似といってしまえばそうですが、実際、これは法的に許されていることです。特許には特定の期間があり、それを超えると、他社であっても、同じ成分で販売できるのです。これは素晴らしいシステムで、これのおかげで、私たち一般の人々はできる限り安い値段で、お薬を利用することができます。…