NEW IN 2019: Latest Business Courses
ビジネス

オフィスワーク向けゴム印のオプション3種

長い間、ゴム印は特にオフィス回りに役立つ非常に便利なツールとして知られてきました。経営者や決定権を持つ方であれば事務処理において重要性はなおさら感じることでしょう。ビジネスでは郵便物を送ることはテクノロジーが発展した現代においても必要なことです。取引先やクライアントに送る文書が本物であるかを証明するため、企業の責任者のサインと共にゴム印の利用もするべきです。しかし、ゴム印はドキュメントをグループ化や整理したり、単純にアートやクラフトのためなど、もう少しカジュアルな用途にも利用できます。

数年たった今、ゴム印のオプションは進化を遂げたおかげで更に複数のタイプが存在するようになりました。

最も合ったものが何か、こちらをご覧になり参考にしてください。

1.昔ながらのゴム印

最もクラシックなタイプのゴム印はこちらです。ハンドルにデザインが彫られたゴムがついている初期に出てきた種類の中の一つです。元々は、木製の持ち手が主流でした。しかし近年では、プラスチックの持ち手を選ばれることもあります。見た目以外に機能的な違いはあまりありません。これはどのような見た目の物が好きかで選んで問題ありません。このタイプのゴム印は別にインクを用意する必要があり、近頃のゴム印に比べると少し不便になります。

2.セルフインクスタンプ

セルフインクスタンプはインクが元々、水性インクのインクパッドが内蔵されているものです。この水性インクパッドは使うたびに勝手にインクを付けてくれる構造になっています。昔ながらのゴム印に比べて、別にインクパッドを持ち歩かなくて済むので持ち運びやすい点が便利です。シャープな印象を残せることも特徴です。

3.浸透印

浸透印は技術の進歩により作られた新しい世代のゴム印です。スタンプの後ろにインクを蓄えた部分を持っています。こちらも別途インクパッドを持ち運ばなくて済みます。こちらに使われているインクは油性なので、利用の際は注意してください。

もし持ち運びの機会が多いようなら、朱印やインクパッドを別途持ち歩く必要がなく軽いため、セルフインクタイプや浸透印タイプの方がお勧めです。しかしながら、昔ながらのタイプに比べて少し値段が高くなります。持ち運びの機会が無いようであれば、昔ながらのタイプを選択された方がお得に利用できること間違いなしです。詳細は、Kiasu Print Pte Ltdをクリックしてください 。

Related posts
ビジネス

ブログを習慣にすると全てがプラスに

ビジネス

名刺広告の長所と短所

ビジネス

ビジネスにおける印鑑の種類と便益

ビジネス

愛犬をシェルターから引き取る前に知っておくべきこと

Sign up for our Newsletter and
stay informed