NEW IN 2019: Latest Business Courses
ビジネス

日本で販売が禁止されているのに…輸入は可能?個人輸入の仕組みを解説

こんな面白い話をご紹介します。日本市場で販売が禁止されているのに、個人的に海外から輸入することは可能…そんな不思議な話でもあります。経緯を順を追ってご説明します。

まずは、海外と日本の法的整備の違いからです。日本と海外の国では、お薬に関する規制やルールが違うものです。日本で流通している場合でも、海外では…ということがありますし、当然、逆もまた然り。日本の規制は厳しいもので、海外からのお薬が禁止される例は珍しくありません。その理由は様々ですが、その中の一つが、特許に関係しています。世の中には後発医薬品というものがあります。これはもともと開発されたお薬について、同じ成分で、クローンかのようにつくられたお薬です。真似といってしまえばそうですが、実際、これは法的に許されていることです。特許には特定の期間があり、それを超えると、他社であっても、同じ成分で販売できるのです。これは素晴らしいシステムで、これのおかげで、私たち一般の人々はできる限り安い値段で、お薬を利用することができます。 こちらのオンラインショップをご覧ください, 個人輸入

前項で、安い値段でと言いましたが、なぜだと思いますか?なぜ、後発医薬品は安くなるのでしょうか?なぜなら、後発医薬品には、開発費がかからないからです。開発というものには膨大なお金がかかります。それをスキップできるのですから、製造元としては、これは嬉しいことです。本当なら、以前に開発に必要となる試行錯誤や時間が必要になるわけですが、それが、介在しないわけです。だからこそ、後発医薬品は普通のお薬に比べて安価になるということです。 こちらのオンラインショップをご覧ください, ベストケンコー

Related posts
ビジネス

ビジネスにおける印鑑の種類と便益

ビジネス

愛犬をシェルターから引き取る前に知っておくべきこと

ビジネス

ストロングハートチュアブルの人気が高まっていることについて

ビジネス

愛犬家が知っておきたい「もう少し詳しい」フィラリアの話

Sign up for our Newsletter and
stay informed