NEW IN 2019: Latest Business Courses
ビジネス

ビジネスにおける印鑑の種類と便益

数百年前に初めて発見されてから、印鑑はさまざまな部分で人の役に立つ発明となっています。近代文明では、印鑑は重要文書の承認など、ビジネス関連業務で最も使用されています。テクノロジーの急速な進歩にも関わらず、印鑑は大きく変化していません。しかし、今ではよりたくさんの種類の印鑑から選ぶことができます。多くの法律では、会社から出す文書に社印の押印を必要としていないので、近年では社印の重要性が下がってきています。今では権限のある人の署名をもらうだけで十分です。社印が添えられることもありますが、必須ではありません。

会社において、印鑑はただフォーマルな目的に役立つだけではありません。紙を装飾したり、個人や機密のアイテムに印をしたり、ブランド認知を高めるためのマーケティングや広告ツール、その他多くのことにも印鑑は使われます。

印鑑はあなたの望む通りに作ることができます。会社やブランドロゴをスタンプに、あるいは毎日文書に署名する時間を短縮するための簡単な文字列またはあなたの署名さえも作ることができます。もし自信がないならば、最高の印鑑を確実にするために、印鑑の製造または印鑑デザインに精通している誰かに相談することができます。

自分の印鑑を作る前に、専門家(www.kiasuprint.com)は、どういった印鑑を持ちたいのかを決めるために、その用途を確定させなければならないとアドバイスしています。印鑑には異なる種類がいくつかあります。印鑑は持ち手の素材も違うし、インクの付け方の種類も異なります。ほとんどの場合、印鑑は木かプラスチックで作られていますが、金属製の印鑑もあります。インキングの点では、セルフインキングスタンプ(シャチハタ印)、プレインクスタンプ(浸透印)や個別のインクパッドが必要な一般的なゴム印があります。素材、インク、品質やメーカーによって、値段もさまざまです。

木製の印鑑は通常は、かなり耐久性があります。ときには、プラスチック製の印鑑よりも耐久性があります。金属製の印鑑が最も耐久性がありますが、重量があり持ち運びは簡単ではありません。印鑑を落とすリスクのある過酷な労働環境にとっては最適です。他の素材に比べて金属素材は、落下の衝撃にもよく耐え、簡単には破損しないでしょう。

プレインクスタンプとセルフインキングスタンプは、印鑑技術を進歩させたもので、インク付けする個別のインクパッドを必要としません。持ち運びがより簡単で、詰め替えが可能です。それぞれ大きな違いはなく、どちらとも鮮明な印影を作りだします。それらは最も基本的なタイプのゴム印と比較してやや良いイメージを作ります。オフィス用途ではベストな選択肢でしょう。しかし、伝統的なゴム印よりも値段は高いです。

Related posts
ビジネス

愛犬をシェルターから引き取る前に知っておくべきこと

ビジネス

ストロングハートチュアブルの人気が高まっていることについて

ビジネス

愛犬家が知っておきたい「もう少し詳しい」フィラリアの話

ビジネス

フィラリア症対策の種類と知っておくべきポイント

Sign up for our Newsletter and
stay informed